<   2011年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

きょうはなんのひ

d0159189_405440.jpg

[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-31 21:58 | 日曜日

ブランコに揺れる真夏の緑が

d0159189_735388.jpg

[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-30 12:36 | 土曜日

消えたミルクティーの行方

d0159189_5333316.jpg

[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-29 05:32 | 金曜日

小さな一歩だった。夢見た一歩だった。

d0159189_5312319.jpg

[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-24 13:00 | 日曜日

君が嬉しそうだと やっぱり僕も嬉しいんだ

d0159189_215556100.jpg

[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-22 21:45 | 金曜日

二羽のカモメに想いを託す どうか どうか

d0159189_21353375.jpg

[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-20 21:34 | 水曜日

恋をしている君がどんなに可愛いか

d0159189_2118954.jpg

[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-16 06:15 | 土曜日

大丈夫よ 揺れ動く52階で空高く飛ぶ夢を

d0159189_213372.jpg

[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-15 20:34 | 金曜日

少しずつ広がる世界 手に負えなくなる未来

d0159189_19334383.jpg

[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-14 19:31 | 木曜日

あの海のこと あの頃のこと

「そらまめ」

メニューを見ながら注文すると、焼くか煮るかと問われる。僕はちらりと隣の席を見て、焼くようにと店員に向かってはにかんだ。店内には僕ら以外に2、3人の客。もともとカウンターしかない店だ。僕は今更になって、この間彼女が連れて行ってくれた店とは比べ物にならないことに申し訳なさを覚えた。もう一度彼女を盗み見る。彼女はこの店がどうかなんてとんと興味がない様子で、カウンターに並ぶクジラの小さな置物をころころと転がして遊んでいる。

まさかもう一度会えるなんて思ってもみなかった。彼女は猫だ。相変わらず多忙な日常を送っており、もはや休みも土日じゃないらしい。それでも濃い栗色の毛は相変わらず艶やかだったし、白い靴は美しく磨かれていた。目紛しく変わる彼女の日常とは裏腹に、僕は相変わらずはっきりしない毎日を送っている。だから、こんな僕がまた彼女に会えるだなんて、思ってもみなかったし、正直驚いた。

僕らは何でもない話をした。最近読んだ本の話。映画の話。昔助けてくれた上司を好きになったり、世界で一冊の本を取り合ったり、貴族がスープを飲んだり、そんな話。僕が話している間、彼女はビールを飲んでいたし、彼女が話している間、僕は空豆を食べていた。
それでも時々彼女の目は光り、核心を突くタイミングを狙っている。僕だってそれに気付いていた。そして、いよいよその目に負けた僕は、まとまってもいない夢の話をすることになってしまった。彼女は満足げにしっぽを2回振り、僕の話に耳を傾けた。僕はきっと、こんな彼女の態度に救われているんだと思う。僕がゆっくりと言葉を選んで紡ぐ説明に対して、率直に口にされる「どうして」に僕は必ず答えらることができない。答えられないから考える。考えていたって所詮僕の頭で考えられることなんてたかが知れているんだけれど、彼女はそこにそっとヒントをくれる。やっぱりできる猫は違うなぁと僕は安直に感心する。そして嬉しい気持ちになる。勝手だな。でもそれが僕の正直なところなのだ。

そんな彼女へのお礼のつもりで、本を3冊貸してみる。僕が楽しいと思うものを、彼女も楽しいと思ってくれれば良いのだけれど。

店を出た途端に僕らを撫でた夜風はまだまだぬるかった。彼女にさよならをしたあと僕はまた面倒なことに巻き込まれに行かなくちゃいけない。だから、駅までの道は、せめて、ゆっくりと。

2011年07月14日

B side
[PR]
by mowmowmocha | 2011-07-14 11:30 | 木曜日